能代なまおじブログ

能代親善大使が地元秋田県を猛プッシュするブログ

能代市に移住したくなる店【リトルチャイナ】の担々麺と麻婆飯が美味過ぎた。

どもども、勝手に能代親善大使のなまおじです。今回は、先日行った能代の中華料理屋をご紹介いたします。

 能代の本格中華料理屋【リトルチャイナ】

リトルチャイナ

その名も【リトルチャイナです!前から気にはなっていたのですが、実は今回初めて行きました。

 

もう名前からして中華料理屋というのが分かるシンプルな名前です。

 

前を通るだけで美味しそうな香りがしてきて、この匂いだけでご飯が食べられます。

リトルチャイナの地図

場所はこちら。

 

大通りに面しており、比較的分かりやすい場所にあります。

リトルチャイナ

駐車場はお店の裏にあり、3台ほど停められます。

リトルチャイナの内観

画像出典:内観写真 : リトルチャイナ - 能代/上海料理 [食べログ] 

店内はこんな感じで、テーブル席と座敷席があります。

メニュー

メニュー

メニュー

メニューはこちら。一品料理はなかなか良い値段ですが、麺類や飯類はそれほど高くありません。

 

北京ダックやフカヒレがちゃんとあるあたりから、本格中華料理屋であることが窺えます。

 

僕は、もちろん担々麺とミニ麻婆飯を注文し、約10分ほどで出てきました。

 個性溢れる激うま担々麺

まずは担々麺からご覧ください。

担々麺

見た目はシンプルな担々麺です。お酢がデフォルトで入っているため、やや酸味を含むゴマの香りが食欲をそそります。

担々麺

早速いただきまーす!ズルズルズルズル〜。

 

美味い!!!

 

酸味と強烈なゴマの香り、そして甘辛なスープ、さらに後からひっそりと登場するエビ出汁...良くある担々麺とは違う個性のあるこだわりの一品です。

 

 

何より良いのが、秋田なのに濃過ぎない、寧ろ薄いと言ってもいい味付けで、それにより香りと旨味をしっかりと感じ取ることができます。

 

麺はツルツルでコシがあり、担々麺にピッタリ。

青梗菜

担々麺と言えば、チンゲンサイですかね?歯ごたえがあり、微妙な苦味により味覚をリセットさせてくれます。これを食べればまた新鮮な感覚で担々麺を堪能できます。

担々麺

そしてこれがこの担々麺の見所。肉味噌です。甘めの味付けで、少々粘り気というか餡というか、とにかく濃い味付けで美味い!

 

これをスープに溶かすことで、また新たな担々麺と出会うことができる魔法の肉味噌。ちょっと言い過ぎですかね?

 

しかし、それだけ肉味噌の存在感は圧倒的です。これだけでご飯を食べたいくらいです。

 

ちなみに僕の甲殻類アレルギーレーダーは無反応でした。

能代市最高峰の麻婆飯

麻婆豆腐飯

 続いてこちらの麻婆飯。ミニのはずですが、普通にがっつりでビックリしました(笑)

 

見た目は至ってシンプルで、花椒の香りが個人的にかなり好印象。

麻婆豆腐飯

早速いただきまーす!むしゃコラ。

喜びが爆発

うぉぉぉぉぉぉおおおおおおー!!!

 

美味過ぎるぞ!!!

 

この花椒がめっちゃ効いた辛痺系麻婆の味はまさに僕が追い求めていたやつ!

 

最初は甘みがあって、後から辛さと痺れが来て、痺れによって舌が敏感になり、何故か味が濃く感じるこの現象が堪らん。

 

冗談抜きで激うまですよこれは。まさか能代市でこの味に出会えるとは・・・。

tabelog.com

ちなみに東京の板橋にある【破天荒】も同じ系統の味で最高です。トッピングに角煮がおススメ。東京在住の方は是非行ってみてください。

まとめ

まとめ

ということで、大変満足しました。

 

オリジナリティー溢れる担々麺に、辛痺系麻婆飯という、まさに僕のためにあるんじゃないかと言うお店・・・

 

これは真 好吃(ジェン ハオチー)ですよ!マジで!

 

このクオリティーのセットを1000円ちょっとで食べられるなら行かなきゃ損です。能代市に来た際は、是非寄りましょう。きっとここでご飯を食べたら能代市に移住したくなること間違い無し!

 

ちなみに定休日は”日曜日”なのでお気を付けください。

 

さて、今週末も食べに行きますか。せば、まんつ!

おまけ

天津飯

奥様が食べた天津飯です。デミグラスソースのかかったオムライスに見えますね(笑)

天津飯

トロふわでこれも大変美味しいです。是非ご賞味あれ!