能代なまおじブログ

能代親善大使が地元秋田県を猛プッシュするブログ

男鹿の花火のことならワイに任せろ!(来年行く人へ)

 男鹿の花火は良いものだぁぁぁ!!!

花火

 どもども、勝手に能代親善大使のなまおじです。今回は、先週の8月14日に開催された【男鹿日本海花火大会】(以下、男鹿の花火)に行ってきた感想です。男鹿と言えば、”なまはげ”の聖地ですよ!!!

男鹿の花火と能代の花火

なまはげ

男鹿の花火は、今回で第17回目ということで、歴史としてはかなり浅い部類です。能代の港まつりと同じ回数ですね。ちょっとライバル意識が芽生えそうですが、打ち上げ数は男鹿”1万発”に対し、能代”1万5千発”と数では優っています。

 

来客数はサイトによって異なりますが、能代が”14万~20万人”、男鹿は”17万~19万人”くらいとなっておりますが、これは能代盛っている疑惑しかありません。

 

体感ですが、圧倒的に男鹿の方が人多いんですけど...。 能代は10万人もいない気がします。秋田県民特有の見栄っ張り発動ですかね。

 

そもそも男鹿は8月14日というばっちり帰省タイミング、一方能代はだいぶ早い7月20日ということで、僕の知り合いは1人も帰ってきていなかったのですが(笑)

 

加えて、会場自体も圧倒的に男鹿の方が広いので、さすがに男鹿より来場者数が多いということはないかと。

 

ちなみに大曲は打ち上げ数”1万8千発”と能代とそこまで差はありませんが、来客数は”75万人”と驚異的な数字です。

 

まぁ能代親善大使が能代をディスってはダメですよね(笑)

男鹿日本海花火大会攻略法www

任せてください

今年で3回目の参加ニキの僕が、来年行くであろう皆様へアドバイスをします。行った回数が少ないというツッコミは無しでお願いしますw

やはり車がオススメ

車と電車

まず、車or電車を使用するかについてですが、金額は後者を選んだ方が安いです。

 

一応運営からは、環境の問題や駐車場の数を考慮して、極力電車を使用しましょうとのお願いが出ておりますが、これを鵜呑みにした友人はその日帰ってくることはありませんでしたw

電車の時刻表

行きは何とでもなるのですが、帰りがね~。

 

使用者数の割に電車の本数は少ないし、駅から会場まで1キロくらい離れてますし・・・死ぬほど不便!これが田舎クオリティ!やっぱ現実的に考えると車しかありません。

 

しかしながら、駐車場も限りがあるので、開始2時間くらい前には来ないと、車が停められないということになりかねません。加えて、駐車料金は2000円と安くなく、会場入りの協賛金1000円と合わせると3000円です。まぁ駐車料金に関しては、割り勘すれば安いので気にするほどでもないですかね。

 席の確保は戦争です

男鹿の花火の会場

そして、今年から変わったことがあり、マス席が出来てしまったことです。いや、去年も一部あったのかもしれませんが、だとしたらめちゃくちゃ拡大しています。今までは1時間くらい前であれば、普通に場所が取れたのですが、結構な範囲でマス席になってしまったので、席取りが過酷になってます。

 

ちなみにマス席は、15,000円くらい払わなくてはいけなかったはずです。

 

今年僕は、開始3時間前の16時半時に現地入りしたのですが、席を探すのに一苦労しました。みなさんどんだけ早いんですかね。暑いのに。

 

でも、僕と同じくらいの早さで現地入りすれば、席は確保できるので目安は2時間~3時間前といったところでしょうか。

 

 席は、E-1あたりだと、花火の燃えカスが落ちてきて、食べ物やコップに入る可能性があるので注意が必要です。そうなると、トイレの近いE-2辺りがベストかもしれません。

それとこれはかなり重要ですが、長時間待つことを考慮すると、ブルーシートよりはこういう、厚みのあるものを用意した方がいいと思います。

 

お尻が痛くなりませんし、横になれますしオススメです。

 

また、日差しが強いので日傘はあった方がいいです。

 

中にはテントを張ったりしている人がいます。気持ちは大変わかりますが、マジで場所をとって邪魔なので辞めましょう(小さいのであれば大丈夫ですが)。

 

さすがに始まる前には畳むのですが、テントのせいで場所が無くなっているので早く規制した方が良いと思ってます。

 

現状は、ルール上何も問題ないので強くは言えませんが、常識的に考えて4人で、4組分くらいのエリアを抑えるのは如何なものかと思います。現に立ち見の方もいるので可哀想です。やはりマナーは大事です。

長時間待つ方法

待機

これね、一番大変です。暑いし暇だし長いしで地獄ですよ。去年は海辺ということもあり、割と風が心地よく何とかなったのですが、今年の秋田は意味不明なくらい暑く、風が吹いても熱風&紫外線アタックでした。

 

来年はどうなるかわかりませんが、やはり日傘や凍らせたタオルを持ってくるなどの暑さ対策をしましょう。

 

時間のつぶし方ですが、横になって寝る、出店で食べ物を買って飲み食いする、残り30分前になったらトイレの行列に並ぶ、これ一択ですね。

 

全然攻略法になってないって?仕方ないんです。どうしようもないのですから。

今年の男鹿の花火大会の様子をご覧あれ!

では、実際の今年の花火大会の様子を見ていただきましょうか。

なまはげバーガーとその仲間たち

出店

16時半時点でこんな感じです。モザイクであれですが、人の数はかなりいます。出店が結構あるので、何を買おうか迷いました。

なまはげバーガー

一押しはこちらの”なまはげバーガー”。まさに僕のために作られた商品です。

なまはげバーガー

何が特徴かというと、”和牛のパティ”です。クリーミーで、もはや肉感があまり無いのですが、口に入れた瞬間牛肉の旨味が弾けます写真はあれですがウマウマですよこれは。

 

ただ、秋田クオリティなので結構しょっぱいです。

金のからあげ

こちらは”金のからあげ”です。普通に美味しいのですが、やはりあのゴロゴロした唐揚げが一番美味しいですね。

チーズハットグ

こちら奥様食べかけの”チーズハットグ”です。初めて食べましたが、めちゃくちゃ美味しいというわけではありませんでした。個人的にはの話ですが。

肉まぜそば

こちらは”肉まぜそば”。たぶん家で食べたらそうでもないのですが・・・

f:id:flowsky1113:20190820203912j:image
お祭り効果でくそうめー!!!

 

と言う感じで、この他にも数品を食べまくりました。

肝心の花火の様子

花火

肝心の花火の様子ですが、能代の花火と違って遠いせいか、大半がピンボケしておりましたので、数少ない写真をご覧あれ。こちらもそのうちの一つですが、画質が荒いです。

花火

やはりこういう派手なのは迫力があっていいですよね。上だけじゃなく下の方も観ないといけないのが大変ですw

花火

惑星のような花火です。どうやってこういうの表現するんでしょうね。素直に凄いです。

花火

花火

何かわかりますか?

 

そう、”僕”です。”なまはげ”です!ちょっと鬼っぽいですが、なまはげは神の使いなので神聖なものです。

花火

やはり僕のお気に入りはこの花火です。パラパラと音を立てて落ちていく様子はまさに火の滝といったところでしょうか。

まとめ

まとめ

こんな感じで、今年も男鹿の花火を満喫しました。僕から、来年男鹿の花火へ行くであろう皆さんに対するアドバイスは、①2~3時間前に現地入りすること、②暑さと長時間待機の準備をすること、③燃えカスの落ちてこない席を確保することです。

 

能代の花火も素晴らしいですが、男鹿の花火も同じくらい素晴らしいので、是非みなさんも一度は観に来てください!

 

ということで、今回は以上となります。この記事を読んだあなた!来年は男鹿の花火を満喫できること間違いないですよ!

 

というか、僕と一緒に行きます?w

 

そんな冗談よりも、8月31日開催の秋田No,1の大曲の花火に行きたいなぁ。でも、今年は流石にキツいよなぁ。気になるし、困ったぞー。

 

あ、僕の代わりに誰か調査よろしくです!せば、まんつ!