なまおじブログ

秋田のアラサーが気ままに綴るブログ

実家に帰ったら愛猫が僕を忘れていた悲しみ。

半年ぶりの実家で愛猫と再会

どもども、勝手に能代親善大使のなまおじです。土日に実家に帰りました。半年ぶりの愛猫との再会に僕はウキウキ。

ネコ

ただ、単身赴任の父親が既に忘れ去られていたので、僕も同じように忘れられていることは覚悟してました。しかし、普段は知らない人が家に入ってくると、直ぐ隠れるのですが、まさかのベットにそのまま座っていたので、お、これは覚えているのかと思って触りました。

 

すると、今まで聞いたことのない「シャーッ!」っと警戒している声を出し、それを無視して触っていた僕に攻撃をしてきました。

痛過ぎる...まるで自傷行為。だがしかし、僕は怖くない、怖くないとナウシカばりに優しく接しました。

 

結果30分後にはこんなことに...。

ネコ

ゴローンと警戒心ゼロに。やっと僕だと認識したのだろうか。触っても怒らなくなりました。このお腹に顔をうずめるのが最高です!

 

ただ、詳しい人によれば、匂いが家族と一緒だから危険ではないと判断しただけだそうです...。半年合わないだけで、10年以上も寝食を共にした家族を忘れるとは。

 

悲し過ぎる。でも可愛いから許します。

ネコ

長ーい!(笑)

 

それにしても一枚目の写真が可愛すぎますよね。首の周りのモフモフ感もたまりません。うちの猫に可愛さで勝てる生き物いるの?

 

ということで、今回は以上です。やっぱ猫は可愛いですね。だいぶ実家で癒されましたが、もうちょっと写真撮っておけばよかったなぁ。皆さんも猫を飼って癒されるがよろし。せば、まんつ!