なまおじブログ

秋田のアラサーが気ままに綴るブログ

地酒春霞とそれに合うなまおじの伝説のつまみ料理をご紹介

秋田の地酒【春霞】を買って飲んでみた。

どもども、勝手に能代親善大使のなまおじです。今回は、秋田の地酒である【春霞(はるかすみ)】、通称ハルカスを飲んだ感想を書きまする。あ、僕が勝手にハルカスって言ってるだけです。

 

先日結婚しちゃったしなぁ。入野自由ってなんだったんや...。

春霞と栗林酒造店

春霞は、秋田県美郷町にある栗林酒造店で作られてます。正直僕は、春霞は知っていても栗林酒造店は知りませんでした。しかも、栗林って銘柄もあったのね(笑)

 

栗林酒造店は、何と1874年(明治)に創業されたそうです。いやぁ、凄いですね。

 

春霞がいつごろから使われていたのかは定かではありませんが、霞が酒の異名であったことと関係があるそうです。お酒を飲み過ぎると物がぼんやりと見えるようになるからそんな異名が付いたのではなかろうか。

 

しかも酒米が土定番の横綱山田錦じゃなくて、関脇美里錦だなんて。(適当です)

 

秋田って作物育てるのが大変なので、独自の品種が多々あるのが面白いところですよね。美里錦も秋田独自のお米なんです。まぁ山田錦と美山錦を交配させて作ったみたいですが。

 

そもそも、酒米の王様である山田錦は、晩生で収穫量が少なく、脱粒性があるということで、秋田には合わなかったとか。そんで作られたのが美里錦と。まだそれほど知名度は高くないものの、その品質は山田錦に勝るとも劣らずといったところでしょうか。

f:id:flowsky1113:20190305153702j:image

一応、僕が買ったのはこの栗ラベル・白というやつです。歩合は50%なので結構磨いてますね。

水の都【美郷町】

水の画像

栗林酒造店がある美郷町ですが、とても水が綺麗で有名です。名水百選にも選定されております。昔は、水道代があまり掛からなかったという話を住んでいた父親から聞きました。僕もその辺の湧水を飲んだ記憶があります。今はどうかはわかりませんが。

 

やはり水の綺麗なところの日本酒は美味しいですね。そういえば、日本酒の他に六郷には仁手古サイダーという飲み物があります。確か洋梨のような香りが若干する甘過ぎないサイダーで、めちゃくちゃ僕は好きでした。最近は飲んでませんが。

肝心の味

f:id:flowsky1113:20190305082314j:image

肝心の味ですが、僕の舌がバグってなければ、メロンのようなフルーティな香りでやや酸味のある味わいです。甘口か辛口かと言われるとちょっと困ります。というのも最初に甘みが来て、あとから辛さもが来るのでなんというか...優しさもありスッキリした感じもするというか...。正におぼろげな春霞といったところか。でもあくまでメインは甘みですかね。味を伝えるのって難しい!

 

総合評価…☆4つ!

 

ということで、春霞のご紹介はここまでにしたいと思います。とりあえず皆さん飲めばわかるさ!

なまおじ作の伝説のつまみ

おまけで、美味しい日本酒には美味しいつまみをということで、僕が作ったこの伝説のつまみをご紹介します。一応オリジナルのつもりですが、絶対に既にあるやつー(笑)

f:id:flowsky1113:20190305125433j:image

見た目は☆1つですね。刻み海苔が無かったのでこんな感じになってます。味は間違いなく☆5つです。日本酒との相性も最高。

f:id:flowsky1113:20190305125741j:image

この大葉が最高のアクセントになります。

 

材料は下記の通りです。料理が初心者でもか出来ます。強いていえば、大根おろしを作るのと、イカの下処理がやや面倒です。でも、内臓引っ張り出すだけですし、初めての方も余裕でしょ。

 

材料

イカ・・・好きな量

大根おろし・・・イカを埋め尽くすくらいが理想

大葉・・・大根おろしを埋め尽くすくらいが理想

ネギ・・・大葉と大根おろしを埋め尽くすくらいが理想

刻み海苔・・・適量

醤油・・・大根おろしに染み渡らせる

マヨネーズ・・・お好み焼きと同じくらい

 

と、材料見ただけでも美味しそうではありませんか?

まぁ料理初心者でも割と簡単に作れますのでおススメです。適当にイカの上に乗せていけば完成します。では、今回はここいらで、せば、まんつ!