能代なまおじブログ

秋田のアラサーが気ままに綴るブログ

【恐怖の2月14日】チョコなんていらないもん

バレンタインデーの起源

バレンタインデーの画像

どもども、勝手に能代親善大使のなまおじです。チョコなんていらないもんは決して強がりではありません。社会人になってからは、マジで欲しくないです。今回はバレンタインデーについて書きます。

 

何となくは聞いたことがありますが、実際のバレンタインデーの起源が何なのか調べてみました。

教会のイメージ画像

その起源をたどると、バレンタインデーは、西暦3世紀に存在したキリスト教司祭のウァレンティヌスに由来する記念日です。

 

ローマ皇帝のクラウディウス2世は、愛する人を故郷に残した兵士がいると士気が下がるという理由から、兵士の婚姻を禁止しました。

 

しかしウァレンティヌスは、婚姻を禁じられた兵士を憐れみ、密かに結婚式を執り行っていました。それを知ったローマ皇帝は、2度とやらないよう命令をしたものの、ウァレンティヌスは無視し続けました。結果、ウァレンティヌスは処刑されることとなりました。

 

それが2月14日です。

 

当時ローマでは、ルペルカーリア祭という祭りが毎年2月15日に行われておりました。その祭りの内容は、祭りの前日、桶に女たちが名前を書いた紙を入れ、翌日男がそれを引き、書かれた名前の女性と祭りの間は、パートナーとして一緒に過ごすというものでした。

 

しかし、西暦5世紀になると、当時のローマ教皇により、性的な乱れを助長するものとして、ルペルカーリア祭は廃止され、その前日に、よりキリスト的な要素を含むバレンタインデーを代わりに創出しました。

 

日本のチョコレートを渡す要素は皆無ですね(笑)

日本の バレンタインデーはお菓子メーカーの陰謀?

疑問のイメージ画像

こちらはよく聞きますが、実際のところどうなんでしょう。

1.神戸モロゾフ製菓説(現在のモロゾフ)

一番古いものと考えられていたのは、モロゾフが1936年2月12日に出した「あなたのバレンタインにチョコレートを贈りましょう」というキャッチコピーの広告です。

バレンタインとは、愛しい方という意味です。

 

しかし、先日モロゾフの公式HPにて、さらに遡った1935年の広告が発見されたそうです。下記、ご覧ください。

http://www.morozoff.co.jp/company_ir/news_release/pdf/release_190110_02.pdf

2.メリーチョコレートカムパニー&伊勢丹説

こちらは、1958年2月にメリーチョコカムパニーが伊勢丹新宿本店で「日本オリジナルのバレンタインセール」を初めて行いました。キャッチコピーは、「年に一度、女性から男性への愛の告白を!」です。

 

しかし当時は、バレンタインの知名度が低すぎて、50円の板チョコレートが3枚と20円のメッセージカードが1枚しか売れなかったそうです。詳細は下記をご覧ください。

ブランドストーリー メリーのバレンタインヒストリー | チョコレートなど洋菓子・スイーツのメリーチョコレート

 

でも、メッセージカードが1枚売れたということは、きっとその女性は日本で初めてバレンタインデーに告白した人なんでしょうね。凄い勇気がある女性ですので、上手くいったことを願うばかりです。あ、でも夫に対する愛の告白かもしれませんね(汗)

3.森永製菓説

1960年、森永製菓がバレンタインの企画として、「愛する人にチョコレートを贈りましょう」というキャッチコピーで新聞広告を出しました。

4.伊勢丹説

1965年、伊勢丹がバレンタインデーのフェアを開始したことが、バレンタイン普及の契機となったという説がありますが、1956年の西武百貨店や松屋(百貨店)の新聞広告や、1959年の松坂屋の新聞広告にも「バレンタインデー」の文字があることから、これらの地道な活動が普及の契機となったのでしょう。

5.ソニープラザ説

1968年、ソニープラザがチョコレートを贈ることを流行させようと試みたことで、「日本のバレンタインデーはうちが作った」と主張しております。

 

ということで、日本のバレンタインデーの起源はモロゾフのようですが、いずれも、直ぐには大きな反響があったわけではなく、あまりチョコレートは売れませんでした。そもそも、未婚の女性が愛の告白をするということは、当時は考えられないことであったのも一つの要因です。

 

しかし、お菓子メーカーの地道なPR活動と時代の変化により、現在の好きな人にチョコレートを贈る日として浸透していったのでしょう。ということで、結論を言えば、お菓子メーカーの陰謀でした!

バレンタインデーは恐怖の日

怯える男性の画像

僕がバレンタインデーを恐れる理由は、貰ったら返さなくてはいけないところです。数人なら問題ないのですが…。こんな僕はケチなんでしょうか?

お菓子の画像

まず、僕が最初に勤めていた会社ですが、個人宅をルート営業していたので、少なくてもチョコレートを20個以上は貰ってました。しかも顧客は比較的富裕層で、平気で3000円〜6000円のものをいただいておりました。

 

気持ちは大変うれしいのですが、お返しがマジで大変です(笑)

 

さすがに安いのをあげるわけにもいかず、そこそこ良いものを買うことで、5万円くらい飛ぶのは当たり前...はぁ、バレンタインデーなんていらねぇ!と思ってました。

チョコレートの手渡しのイメージ画像

2社目は、広い空間にほぼ全社員(150人くらい)がいるので、強制チョコレート手渡しイベントです。普通は嬉しいはずが、僕にとっては、桃鉄でいうボンビーイベントでしかありません。

 

なまじ給料の良い会社だったのでこれまた良いものを10円チョコ感覚で渡してきます。こっちは、シローアマダばりに、「倍返しだー!」って返さないといけないので、ガチでしんどかったです。

 

何かの拷問ですよこれは。学生時代は純粋にうきうきしてたんですがね。

チョコレートの画像

今年は幸い、これだけで済み、普通に返すだけで終わりそうです。あぁ、なんて平和なんだ。さすが田舎!

 

ということで、社会人になってからのバレンタインデーは本当に鬱陶しいです。全員が全員同じとは言いませんが、僕と同じ考えの方はいるはずです。僕レベルでこんな気持ちなら、イケメンの方々はもっと大変なんでしょうね。

 

でもお菓子メーカーは、必死だと思うので、ホワイトデーにはしっかり奮発しますのでご安心ください。本日は以上になります。せば、まんつ!