なまおじブログ

秋田のアラサーが気ままに綴るブログ

田舎での生活キツ過ぎ(四ヵ月目)

マジで現実はそんなに甘くない

悲痛な叫びのイメージ画像

今回は、東京から秋田に引っ越したアラサーの悲痛な叫びを皆様に提供したいと思います。

田舎暮らしに憧れる若人へ

給料が安過ぎてショックを受ける人の画像

東京から秋田に引っ越して約四ヵ月。ちょっと前にも書いたと思いますが、とにかく給料が安いです。前職の半分くらいになりました。マジで地元の人ってどうやって暮らしているんでしょうか。前回は、安い給料でもやっていけると書きましたが、状況が変わってきました…。

 

実際何もなければ暮らせなくもないのですが、僕の場合は、奨学金・車の借金・生命保険というプラスαの出費があります。気付けば毎月4~5万円貯金が減っております。どう考えても数年後には生活難民ですよこれ。

 

ということで、これから田舎で暮らそうと思っている若人たちよ、僕のように無計画で田舎に来てはいけませぬぞ。とはいえ、幸い奥様が稼いでくださるので死にはしないのですが。

 

まずは、安定した職を見つけることと、実家がある田舎に住みましょう。そうすれば家賃も掛かりませんし、余裕で暮らせます。僕は、奥様と半分ずつ支払っているとはいえ、家賃も水道光熱費も払っているのでだいぶ詰んでますね。

割と深刻なこと

夫婦喧嘩の画像

やはりお金が無いと心も貧しくなってきます。最近は、奥様と金銭関係で口論気味になってます。まだ本格的な喧嘩になっておりませんが、これは時間の問題ですね。実際は、僕が一方的に言われているだけですが。

 

ですので、皆様もお気をつけて田舎に移住してください。僕もこのままでは結婚早々に離婚なんてこともありそうなので、株式投資でもやろうかなと思ってます。(もうやってますが)

 

でも、毎晩光熱費や食費の節約話、僕の飲みやゲームについてもいろいろ言われます。僕を思ってのことなので真摯に受け止めておりますが、やはり精神的にキツいです。嫁よ、僕より稼いでいるのだから優しくしておくれ(笑)

 

ということで、今回は計画性無しで田舎に移住して四ヵ月目のアラサーの本音を書きました。マジで現実は甘くないことを痛感する日々です。もっと建設的なことが書ければいいのですが。次はもう少し前向きな報告をしたいと思います。